どんな肌にも

スキンケアする人

種類と成分を

ビダミンCといえばどんな肌のタイプにも有効な優秀な成分ですが、少し前までは商品化が難しい成分でもありました。しかし、最近ではビタミンCを肌に浸透しやすく加工したビタミンC誘導体の登場により美容液などが発売され、家庭でも気軽にその効果を実感できるようになりました。そんなビタミンC誘導体入りの美容液を選ぶとき、せっかく使うならより効果の高いものを選ぶためにチェックしておくと良いのがその種類と成分です。ビタミンC誘導体入りの美容液には水溶性、脂溶性、新型という大きく3つの種類があり、それぞれ効果や持続性、浸透力などが違います。さらに、その3つの中でも種類が分かれており、より効果の高いものは成分をチェックしておくとわかります。ビタミンC誘導体の美容液を選ぶときには自分の望む効果を得るためにそれらをチェックしておくのがおすすめです。

理想の濃度

ビタミンC誘導体入りの美容液の多くは大体1%ほどの濃度だと言われています。しかし、実際に効果を実感するためには、高濃度のビタミンC誘導体の美容液を使うのがおすすめです。エステなどで使用している高濃度のものは、大体7%ほどの高い濃度のものを使用することもあるようですが、実際に家庭で使う高濃度の美容液の理想としては3%以上のものを使うのが良いです。3%以上の高濃度のビタミンC誘導体なら、その効果をハッキリと実感することができるのです。一般的に美容液などの化粧品に濃度を記載する義務はないため記載されていないことも多いと思われますが、ハッキリと記載されているものもあるので探してみると良いかもしれません。また、どうしても気になる場合はメーカーに問い合わせてみるのもおすすめです。

肌の潤いを保つには

基礎化粧品

スキンケアの基本は保湿です。特に保湿化粧水には様々な効果のある成分が配合されています。その効果を発揮させるためには、洗顔後すぐに化粧水をつけることが大切です。またつける方法も、3回に分けて行いしっかり肌内部に馴染ませましょう。

いつまでも美しくある為に

美容クリーム

効果的にアンチエイジングをしていくには、肌の悩みに応じた成分を配合した化粧品を使用するのがお勧めです。そして、肌が衰える原因についての知識を得ることもアンチエイジングの化粧品を使用することと同じくらい大切です。

間違わない使い方

クリーム

化粧時間を短くすることができるオールインワンゲルは、商品ごとに配合されている成分が異なるので、自分が求めている効果に合わせて選ぶことが大切です。ケアの際は規定された使用方法を守ることがお肌のために大切であり、常温で保管するようにしましょう。